最新!薬剤師求人サイト
より良い条件の転職に成功させましょう

現在、薬剤師の資格を取ろうと思うのなら、薬学部のある大学か薬科大学で6年間勉強する必要があります。
大学を卒業して薬剤師の国家資格に合格したら、晴れて薬剤師として仕事ができるようになります。
2006年から薬剤師になるための学習期間が6年制になりましたが、6年間勉強をしていざ社会人になったとして薬剤師求人はあるのでしょうか。
それぞれの地域やどのような薬剤師になりたいかで違ってくると思いますが、基本的に薬剤師の求人はありますから安心してください。
6年制を卒業した薬剤師が世に出てくれば、薬剤師が飽和すると言われたこともありました。
ですが、飽和するような兆しはまだ見えていません。
それどころか、薬剤師求人をしても、なかなか薬剤師が来てくれないと悩んでいる薬局や病院はたくさんあります。
そのような状況なので、就職口があるだろうかと心配する必要はなさそうです。
なかには30代で大学に通い薬剤師を目指している方もいます。
30代で薬学部や薬科大学に学ぶというのは、それほど珍しいことではないようです。
30代で大学に入学し6年間学ばなければならないわけですが、そうやって卒業しても薬剤師の求人はあるそうです。
30代で大学に学んだということで、大学に入学するまで社会人として働いていたのなら、その社会で働いた経験が評価される場合もあります。
30代で大学に通うというのはある意味かなり勇気のいる選択ですが、卒業ができれば就職のことはあまり心配する必要はないようです。
もちろん、他と比べて著しく劣るという場合は難しいかもしれませんが、年齢が高くなってから大学に入学したということは、薬剤師に限っていえば就職の障害にはならないようです。
裏を返せば、それだけ薬剤師が不足しているということでしょう。
資金力があるのなら、一念発起して薬剤師を目指すのも悪くはないと思います。
ただ、卒業できるだけのモチベーションは必要になるでしょう。